ワークショップに参加されたかたから感想をいただきました

 

 

かおりの会では、素晴らしいお時間と空間をシェアさせていただき、まことにありがとうございました。

 

2回めのご縁をいただいて、やっぱりコトバにすることすら出来ない香りの圧倒的なパワーに、ただただ酔いしれる幸せを全身で感じておりました。

 

1回目の、素晴らしい経験が、きっと無意識に刷り込まれてたんですね。きのうは、最初の挨拶でも申し上げたとおり、一息あのスタジオにただよう香りを吸い込んだ途端に、あっというまに何かが切り替わりました。

 

みなさまの、ご挨拶を聞いている間、身体が重力10倍を受けているかのように、重く、静かに、鎮静していくのを感じていました。

 

まったく思考が停止するくらい。(笑)

 

あんなに「身体」というものを意識させられると、「頭」を使って生きている状態をわすれました。

 

あれは、植物たちからのプレ儀式前の挨拶だったかもしれません。

 

 

インナーフェミニン、マスキュリンに連れて行ってもらった、わたしの「内部」の旅が、非常に印象深かったのです。

 

それは、圧倒的な内観の世界で、あんなに一瞬にして入り込み、現実の時間にして5分位のこととは、思えないくらいの深い、長い旅でした。

 

そして、あれだけ遠くへ、深くへ連れて行かれるのに、怖いことも、嫌なこともなく。

おかげで、感情的になることもなく、淡々と癒やされた感じです。すごい!の一言。

 

そして、自分の感情フィルター???を綺麗にした後は、香りが楽しくなってきて。 

 

「さっきの金木犀の世界みたいだ。。。」とふと感じた時に、よしみさんが、

 

「このフェミニンの香りには金木犀もはいっているの」と言われたので、さらにビックリ。

 

つまりは。。。自分の中にも「金木犀の世界」があるのに、最初は、重いフィーリングに邪魔されて「感じられなかった」ということに、ビックリの2乗!!

 

ちなみに「フェミニン」の香りの変化を受け入れた後の「マスキュリン」の香りのセクシーなこと!!! 

ビックリの3乗!!!でした!(笑)

 

ということで、

 

わたしは金木犀たちが連れて行ってくれた、優しく、可愛らしく、でも凛とした気高さを感じさせる世界が「ずっとこうしていたいなあ」と感じる世界でした。

 

もしかしたら、わたしの本当に求めてる「フェミニン」の世界を

体現していたのかもしれないです。

 

 

真っ白なナプキン(漂白されたしろでなく、クラッシクなクリームがかった白)と、テーブルクロス、黄金のナプキンリング。

お茶のセットも「白とゴールド」で、真ん中にオレンジの金木犀が

飾ってあって、甘酸っぱい「あんずのタルト」がお茶菓子の世界でした。

やわらかな、黄金色の午後の光のなかで、濃いグリーンの木々に囲まれた素敵な庭の中の、ティーパーティ。。。

けっして、豪華絢爛。。。というのではなく、清楚で。。でも洗練されていて。

 

完全なる夢ごこち、ひたすら幸せを感じさせてくれる癒やしの空間でした。

金木犀の香りを聴きながら、すっかりどっかの世界にトリップしてました(笑)

 

 

 

と、まあとても口では説明できず(怪しすぎる)、メールで文章に書いてみても全然、あの恍惚は再現できません! 

まさに、金木犀の花言葉通り「陶酔」させられた一時。

 

金木犀の香りの世界をあそこまで再現する形に起こせる、よしみさんの香りとのつきあいかたの深さに、ほんとうになんと言っていいか、わかりません!

  

自分でも文章を読み返してみて、言いたいことが全然まとまらない(そもそも、香りをコトバにするのは、むずかしいのですね)のであえてこれ以上、言えることといえば、

 

「ほんとうにありがとうございました」の一言です。

 

 

                   K様

 

 

よしみ様

 

 

 

何ものにも変えがたい至福な時間をありがとうございました。

 

私は昨日のワークショップ、とても充実して満たされた感じに浸りましたが、終わってから、私の中の、人間を好きになれない部分がクローズアップされて来ました。

 

それがあるために、今まで、この世の中でやりたいことがひらめいても、虚無的になってしまってトライできない、トライしても何も実らないという結果になることの多い人生でした。

 

このことをクリアできたらこの人生に意味も喜びも見いだせるのではと思っています。

 

 

 

なにか本当の意味で奥底から自分が変わろうとしているのを感じます。

 

 

ありがとうございます。

 

                              M様